2-1-3結び穴7つ結びのやり方を写真で徹底図解!甲の押さえが効いておしゃれな靴紐の通し方

2-1-3結び 穴7つ 靴ひも

◎本ページはプロモーションが含まれています

2-1-3という不思議な名前の靴紐の通し方は、甲の周りをしっかりホールドできる方法です。

スニーカー(ランニングシューズ)を履いた状態での通し方を、写真付きで詳しく紹介します。

ハイカットやブーツにも向いていますよ。

こちらは紐通し穴7つ(もしくは奇数)のやり方ページです。6つもしくは偶数のやり方はこちらでお伝えしています。

▼参考にさせていただきました▼
https://www.fieggen.com/shoelace/index.htm

2-1-3結び穴7つのためのシューズ、靴紐の長さと形状

靴紐は、基本的にはシューズに付属しているもので大丈夫です。

定番のオーバーラップやアンダーラップよりもプラス5センチくらい長めに使います。

一般的なランニングシューズやスニーカーに付いている靴紐は110〜120センチ程度なので、普段少し靴紐が長いと感じている人にはちょうどよくなるかと思います。

  • 靴:スニーカー、ハイカット、ブーツ
  • 紐通し穴(アイレット)の数:7つ。もしくは奇数なら応用可能
  • 靴紐の長さ:通常プラス5センチ程度。女性で7穴なら105〜115センチくらい
  • 靴紐の形状:平紐・丸紐どちらも可能だが、平紐の方がフィット感は増すはず

2-1-3結び穴7つのやり方手順

シューズに足入れして、踵を合わせた状態で通していきます。

参考★説明写真のランニングシューズの仕様

  • 左右:左足。内側=右側、外側=左側 と定義して書きます。
  • 紐通しの穴:7つ(奇数)+1つ(ダブルアイレット用)
  • 靴紐の長さ:128センチ(120センチのを使い続けて延びた状態)
  • 靴紐の幅:5ミリ(これも延びる前は1〜2ミリ太かったかも)

以下、爪先側の紐通し穴を1番目の穴、足首に近い側を7番目の穴として説明していきますね。

紐通し穴7つ+1の説明

写真にあるダブルアイレットのやり方は、こちらで詳しく説明しています。

 

まず、左右1番目の穴に下から靴紐を通します

最後に左右同じ長さを残すためには、左右の紐の長さを同じにしておきましょう。左右の紐を同じ高さの穴まで通した時に、都度長さが揃っているか確認すると確実ですよ。

 

左側1番目の紐を、右側2番目の穴へ、下から上へ通します。

 

右側1番目の紐を、左側2番目の穴へ、下から上へ通します。

 

右側2番目の紐を、左側3番目の穴へ、上から下へ通します。

 

左側2番目の紐を、右側3番目の穴へ、上から下へ通します。

 

ここから2-1-3が始まります。左側3番目の紐を、右側5番目の穴へ、下から上へ通します。

 

右側3番目の紐を、左側5番目の穴へ、下から上へ通します。

 

左側5番目の紐を、右側4番目の穴へ、上から下へ通します。

 

右側5番目の紐を、左側4番目の穴へ、上から下へ通します。

 

左側4番目の紐を、右側6番目の穴へ、下から上へ通します。

 

右側4番目の紐を、左側6番目の穴へ、下から上へ通します。ここまでで中央に集まった紐がなるべく真ん中でクロスするように整えておくといいですよ。

 

左側6番目の紐を、右側7番目の穴へ、下から上へ通します。

 

右側6番目の紐を、左側7番目の穴へ、下から上へ通します。

 

最後は蝶々結びをして、2-1-3結びのできあがりです。

2-1-3結びで歩いてみた、走ってみた

特徴ある真ん中の通し方があるため、一度靴紐を通し切ると、爪先側のフィット感の調節はほぼ無理です。

なので、最初から爪先側がちょうどよいフィット感になっているという条件付きなら、結構安定して歩くことができます。

走るのもまともにジョギングとかはあまりおすすめしませんが、ちょこっとなら大丈夫です。

靴紐がピンポイントで食い込んだら痛いですけど、2-1-3結びのように中央で紐がクロスして足を支えるパターンは、かかる力も分散できていいですね。

見た目もおしゃれですしね。

2-1-3結びが向いているのは、こんな人やこんな時ですね。

  • おしゃれと機能をそれなりに求める人
  • ハイカットやブーツでちょっとしたアレンジを楽しみたい人

2-1-3結びの脱ぎ方、靴紐の緩め方

靴紐を2-1-3結びで通したシューズを脱ぐ時は、蝶々結びをといてから、足首側の紐を2本引けば脱ぐことができます。

再度履く時は、脱いだ時に緩めた紐を順番に締めていけば綺麗に履けますよ。

真ん中の2-1-3パートの部分は落ち着いてやれば、多少のフィット感調節はできます。

おわりに

2-1-3結びのやり方、履いて歩いた様子、脱ぎ履きについて紹介してきました。

ちなみにこの靴紐の通し方の名前の由来は参考にしたサイトによると、真ん中のパートが、「穴2つ上→1つ下→3つ上」だからとのこと。

実際は2-1-2ですけどね(笑)

足指側にゆとりを持たせて、甲でしっかり支えられる2-1-3結び。スニーカー、ハイカット、ブーツに、気軽に取り入れてみてくださいね。

▼紐通し穴6つか偶数ならこちらをご確認ください▼
2-1-3結び穴6つ結びのやり方を写真で徹底図解!ほどよく足の甲を支えられる靴紐の通し方

▼長い靴紐でカッコイイ結び方にするなら▼

▼長い靴紐をソッコーでなんとかしたいなら▼
靴紐が長い時の結び方!3秒技、長さを活かしてフィット感アップ、結ばない方法も