靴紐ラティスのやり方を写真で徹底図解!紗々みたいな格子編みが綺麗でインパクト大な結び方

ラティス結び 靴ひも
スポンサーリンク

ラティスとは格子のこと。スニーカーの靴紐で、ちょっと凝った編み目模様が作れるのがラティス結びです。

ランニングシューズを履いた状態での結び方通し方を、写真付きで詳しく紹介します。

少し短めの靴紐でできる、おしゃれな結び方としてもってこいですね。

ロッテのチョコレート「紗々(さしゃ)」みたいだなぁと思いました(笑)2021年に6代目パッケージが登場していますよ。

ラティス結びのためのシューズ、紐通し穴の数、靴紐の長さと形状

靴紐の長さは、できれば短めのものがいいです。

一般的なランニングシューズやスニーカーに付いている靴紐は120センチ程度。普段の蝶々結びが大きすぎると思っている人は、100センチから110センチがおすすめです。

  • 靴:ランニングシューズ、スニーカー
  • 紐通し穴(アイレット)の数:6穴おすすめ。7穴でも可能。
  • 靴紐の長さ:通常もしくはマイナス10センチ。女性で6穴なら100センチ、7穴なら110センチ目安
  • 靴紐の形状:平紐が綺麗。丸紐でも可能。太さによって印象が変わります。細いと紗々っぽくなりますよ

ラティス結びのやり方手順

シューズに足入れして、踵を合わせた状態で通していきます。

参考★説明写真のランニングシューズの仕様

  • 左右:右足。内側=左側、外側=右側 と定義して書きます。
  • 紐通しの穴:7つ(奇数)+1つ(ダブルアイレット用)
  • 靴紐の長さ:128センチ(120センチのを使い続けて延びた状態)
  • 靴紐の幅:5ミリ(これも延びる前は1〜2ミリ太かったかも)

以下、爪先側の紐通し穴を1番目の穴、足首に近い側を7番目の穴として説明していきますね。

ランニングシューズで靴紐通し穴7つの説明図

 

まず、左右1番目の穴に、下から靴紐を通します。

この時点で左右の靴紐の長さを同じに揃えてくださいね。

 

さて、ここからは、

  • 通す穴の位置(◯番目)
  • 上から通すか下から通すか
  • 途中、他の靴紐と交差する時は上を通すか下を通すか
に気をつけて進めていきましょう。

左1番目の紐を、右側4番目の穴へ、上から下へ通します。

白いX印の部分は、まだ使っていない2番目と3番目の穴です。

 

右側1番目の紐を、左側4番目の穴へ、上から下へ通します。

 

左側4番目の紐を、直前に通した紐の下をくぐらせて、

 

左2番目の穴へ、下から上へ通します。

 

通したところはこんな感じ。

 

反対側も同じようにやりますよ。右側4番目の紐を、直前に通した紐の下をくぐらせて、右2番目の穴へ、下から上へ通します。

 

左右同じ状態になりました。

 

左側2番目の紐を、右側5番目の穴へ、上から下へ通します。

 

右側2番目の紐を、左側5番目の穴へ、上から下へ通します。この時、白い丸印のところは紐の下をくぐらせましょう。

 

左側5番目の紐を、星印2本の紐の下をくぐらせてから、左側3番目の穴へ、下から上へ通します。

 

右側5番目の紐を、星印2本の紐の下をくぐらせてから、右側3番目の穴へ、下から上へ通します。

スポンサーリンク

 

左右の紐をそのまま引くと、こんな感じになります。

 

左側3番目の紐を、星印の紐の下をくぐらせてから、右側6番目の穴へ、上から下へ通します。

 

右側3番目の紐を、星印の紐の下をくぐらせてから、左側6番目の穴へ、上から下へ通します。

 

紐通し穴が6穴のシューズでしたら、ここで蝶々結びをして、ラティス結びのできあがり。7つ穴の人は、次の写真へ。

 

右側6番目の穴の紐を、左側7番目の穴へ、下から上へ通します。(※これまでの流れに対して、順番間違えました!本来は、左6→右7が先です。結局この部分は隠れるので気にしなくてもいいのですが。)

 

左側6番目の穴の紐を、右側7番目の穴へ、下から上へ通します。

 

蝶々結びをして、ラティス結び完成です。

スポンサーリンク

ラティス結びで歩いてみた、走ってみた

ラティス結びは、靴紐を隣や横ではなく、遠目の穴へ通すことが多いので、ちょっと緩めのフィット感になります。

歩いてみたところ、やはり、甲周りの抑えはあまり効いていないなと感じました。

平紐でもう少し太い靴紐にすると、支えられている感じがするのではないかと思います。見た目は格子っぽくなくなるかもしれませんけどね。

走るのはちょっと不安だったのでほんの数メートルでやめました。

でも、交差している靴紐が美しいのは気に入りました。普段履きとして歩く用で十分だと思います。

ラティス結びが向いているのは、こんな人だと思います。

  • 紗々っぽい綺麗めの靴紐の通し方結び方をしたい
  • 手持ちの靴紐もしくは少し短めの紐でアレンジをしたい

ラティス結びの脱ぎ方、靴紐の緩め方


ラティス結びをしたシューズを脱ぐのは簡単です。紐通し穴6穴のシューズなら最後に通した紐を緩めるだけで十分。7穴のシューズなら、もう1組を緩めましょう。

一度脱いだ状態からまた履いて靴紐を締める時も、同じ靴紐を引けばいいのでこれまた簡単。

脱ぎ履きが多少あるシーンでもおしゃれ靴紐にしておきたい、という場合に、意外と便利だと言えそうです。

おわりに

ラティス結びのやり方、履いて歩いた様子、脱ぎ履きについて紹介してきました。

格子柄がおしゃれなので、上下を互い違いに通すことだけ気をつけて、ぜひトライしてみてくださいね。

【ラティスに似てる通し方結び方】
ハッシュ結びのやり方を写真で徹底図解!スニーカーがおしゃれになる靴紐の結び方

▼他のおしゃれ系靴紐の結び方通し方▼
ブッシュウォーク結びのやり方を写真で完全図解!簡単でサイドリボンがかわいい靴紐の結び方

のこぎり結びのやり方を写真で徹底図解!ギザギザがポイントになる靴紐の結び方

靴紐の結び方ファスナー結びのやり方を写真で徹底図解!スニーカーがおしゃれに見える簡単な通し方

オーバーアンダー靴紐結びのやり方を写真で徹底図解!ちょっとした変化で足も喜ぶ優しい通し方

靴紐ダブルクロスの通し方やり方を写真で徹底図解!複雑そうな見た目で注目を浴びるおしゃれな靴紐の結び方

ツイスティ結びのやり方を写真で徹底図解!手順が簡単で覚えやすい通し方結び方としておすすめな靴紐の結び方

    スポンサーリンク