ローマ字結び6穴のやり方を写真で徹底図解!ローマ数字のXとIが並ぶ靴紐の結び方

ローマ字結び 穴6つ 靴ひも

ローマ数字のX・I・Xが並ぶ「ローマ字結び」。「ローマ数字結び」と呼んでもいいかもしれません。

スニーカー(ランニングシューズ)を履いた状態での通し方を、写真付きで詳しく紹介します。

とても短い紐でできる通し方で、革靴、オックスフォードのアレンジにもできますよ。

※こちらは紐通し穴6つ(偶数)向けです。7穴(奇数)向けはこちらからチェックしてくださいね

▼参考にさせていただきました▼
https://www.fieggen.com/shoelace/index.htm

ローマ字結び6穴のためのシューズ、靴紐の長さと形状

靴紐は80センチから90センチがおすすめです。

一般的なランニングシューズやスニーカーに付いている靴紐は120センチ程度なので、ほとんどの人が長すぎて、カットしたくなるくらい余るはずです。

▼関連記事▼
靴紐を切ってしまってからでは手遅れ?先端処理の方法は絶対チェック!

  • 靴:スニーカー
  • 紐通し穴(アイレット)の数:6つ(偶数)
  • 靴紐の長さ:超短め。80〜90センチくらい
  • 靴紐の形状:平紐・丸紐、どちらでも可能

ローマ字結び6穴のやり方手順

シューズに足入れして、踵を合わせた状態で通していきます。

参考★説明写真のランニングシューズの仕様

  • 左右:左足。内側=右側、外側=左側 と定義して書きます。
  • 紐通しの穴:7つ(奇数)+1つ(ダブルアイレット用)
  • 靴紐の長さ:128センチ(120センチのを使い続けて延びた状態)
  • 靴紐の幅:5ミリ(これも延びる前は1〜2ミリ太かったかも)

以下、爪先側の紐通し穴を1番目の穴、足首に近い側を7番目の穴として説明していきますね。

紐通し穴7つ+1の説明

写真にあるダブルアイレットのやり方は、こちらで詳しく説明しています。

 

まず、右側1番目と右側2番目の穴に下から靴紐を通します

最後に左右同じ長さを残すためには、内側2番目の紐を、左右の紐通し穴の距離の1本分だけ長く取っておきましょう。

 

右側2番目の紐を、左側1番目の穴へ、上から下へ通します。

 

左側1番目の紐を、左側3番目の穴へ、下から上へ通します。(写真ぼやけててすみません!)

 

左側1番目の紐を、右側2番目の穴へ、上から下へ通します。

 

左側2番目の紐を、左側4番目の穴へ、下から上へ通します。

 

左側3番目の紐を、右側3番目の穴へ、上から下へ通します。

 

右側3番目の紐を、右側4番目の穴へ、下から上へ通します。

 

左側4番目の紐を、右側5番目の穴へ、上から下へ通します。

 

右側4番目の紐を、左側5番目の穴へ、上から下へ通します。

 

左側5番目の紐を、左側6番目の穴へ、下から上へ通します。

 

最後は蝶々結びをしたら、ローマ字結びの完成です。

 

スポンサーリンク

ローマ字結び6穴で歩いてみた


ローマ字結びのシューズは基本的にはゆるゆるなフィット感ですが、少しなら履いて締めることもできなくはないな、という感じです。

ロウビキの丸紐などを使えば、紐の滑りがいいから多少は締めやすいのではないかと思います。

長時間歩くにはゆるすぎて疲れてしまいそうです。

ローマ字結びが向いているのは、こんな人やこんな時ですね。

  • 足トラブルがなくゆるめフィット感を履きこなせる人
  • ローマ数字が由来のおしゃれ感を醸し出したい人

ローマ字結び6穴の脱ぎ方、靴紐の緩め方


ローマ字結びの偶数穴バージョンは、蝶々結びを解くだけですぐにスポッと脱げます。

履く時は蝶々結びをするだけ。ゆるいのは承知で、脱ぎ履きしやすい通し方としてはなかなかですね。

おわりに

ローマ字結び6穴(偶数)のやり方、履いて歩いた様子、脱ぎ履きについて紹介してきました。

ローマ数字がモチーフといううんちくを語りたい方(笑)は、ぜひ試してみてくださいね。

▼ローマ字7穴バージョンはこちらをチェック▼
ローマ字結び7穴のやり方を写真で徹底図解!ローマ数字が名前由来の靴紐の結び方