浜松のうなぎあつみの予約方法 待ち時間は?すぐ食べられる?

昼の営業は11時30分から お出かけ
スポンサーリンク

浜松のうなぎ屋さん、多すぎてどう選ぼうか迷いますよね。

JR浜松駅から近い老舗の「あつみ」
平日なら予約ができるのでおすすめです。

予約するにあたって必須のポイントと、実際に予約して来店した時の待ち時間について、紹介しますね。

スポンサーリンク

浜松のうなぎあつみ 予約方法は?

平日のみ電話予約が可能です(例外あり)。
定休日は水曜日ですが、火曜日も休みのことが多いです。

なので、月曜日、木曜日、金曜日が予約できるということになります。

電話予約をスムーズにするために

予約の電話をかける前に、準備しておいた方がいいことが2つあります。

1つは、予約の希望日時
特に30分単位などで受け付けているわけではないので、第一希望とその前後どれくらいなら大丈夫か、いくつか候補を挙げておきましょう。

予約時間に15分遅れるとキャンセル扱いになります。
万が一何かあった場合は、必ずお店に連絡を入れてくださいね。

もう1つは、メニューです。
来店してから注文することももちろんできますが、せっかくの予約をするなら、メニューまで決めておくことを強くおすすめします。

料理も予約したほうがいいの?どうして?

ぜひ、メニューも決めて予約してくださいね。

なぜかというと、うなぎ料理は一般的に提供に時間がかかるから。

そして、このお店の場合は、予約せずに当日開店時間前に並ぶ人がたくさんいるからです。

当日開店前に並ぶお客さんがいた場合、その方々の料理の準備が先に行われます。
店内の席についてから注文すると、30分待ちということもあります。
これでは座席を予約した甲斐がないですよね・・・。

予約したら全部同時に出されるの?

ビールとおつまみを楽しんでから、シメに丼が食べたい。

「あつみ」は、そんな要望にもきっちり応えてくださります。

この順番で食べたいです、があれば、電話予約の時に相談してみてください。
私も最後の丼だけ後にしてもらえるように話したら、配慮していただくことができました。

まだメニューは迷っているけれど、先に予約だけしたい場合も、先に電話してしまいましょう。
私が予約した時は、メニューの予約は前日まで受け付けてくれましたよ。

ただし、「きも焼き」だけは、予約しても当日準備できないことがあるそうです。
こればかりは仕方ないですね。

また、昼と夜とでメニューに違いはなく、ランチ専用のメニューはないです。

ちなみに、飲み物については「来店当日で大丈夫です」、と言われました。

*電話予約は無料通話で!超簡単な方法はこちら。

スポンサーリンク

予約してあつみに行ってきた 待ち時間と混雑は?

平日のお昼に行ってきました。

予約時間は11時30分。
開店時刻です。

昼の営業は11時30分より

11時20分頃、お店の前へ到着すると、20名くらいの人が集まっていました。
同じように予約した人たちです。

お店のスタッフさんが出てきて、予約の名前を確認されました。
飲み物はここで聞かれましたよ。

開店時刻になると、名前を呼ばれた順番にお店の中に入ります。

私が行った日は、座敷席の奥から順番に案内される形でした。
入店した順番にお茶とおしぼりが配られ、しばし待ちます。

開店前に注文した瓶ビールが先に運ばれました。

次に、最初の一品料理たち。
ここまでで入店から10分以内でした。

うな重やうな丼のみの場合は、もう少し待つことになりそうです。

途中で飲み物の追加はできます。
さすがにすぐ出していただきましたよ。

また、一品料理を堪能し、締めのミニ丼をお願いしてからは10分くらいでいただくことができました。

この流れからしても、やっぱり料理まで予約しておいて本当によかった!と思いましたよ。

ちなみに、席にあったメニューブックを見たら、ホームページに書いてある内容と同じでした。

浜松のうなぎ名店あつみ 予約が安心です

浜松のうなぎの名店、あつみの予約方法についてお伝えしてきました。

平日昼の営業時間は11時30分からですが、私がお店を出た12時50分頃には、もう品切れという看板が出ていました。

夜の営業は5時15分より

土日や混雑が予想される日は予約受付がありませんが、平日ならば、日時とメニューを決めて、ぜひ電話予約されることをおすすめします。

*あつみのうなぎ料理の味は?写真付きで詳しく紹介

*電話予約ならこの方法!知らなくて損していない?

*浜松のお土産ならあつみから歩けるこのお店へ

*腹ごなしに浜松城まで行ってみよう〜アクセスを詳しく紹介しています。

    スポンサーリンク