ランニングソックスでランニングシューズをさらにフィットさせる!

ユニクロスポーツソックス3足組 ランニング
スポンサーリンク

ジョギング・ランニングは特別な道具がなくてもできる運動ですが、重視したいのはシューズ。

そして、シューズを補うかそれ以上に大切なのが靴下です。

現在40代女性の私の特徴は以下の通りです。こんなヤツが、これまで試したランニング用ソックスを紹介します。

  • ランニング歴10年なにがし
  • 足は小さめ22.5センチ
  • 甲高
  • 足指短い
  • 靴屋で女性1000人のフットカウンセリング経験

特にこんな特徴に1つでも当てはまる人にはかなり参考になると思いますよ。

  • 足が小さい
  • 足が細い
  • 靴下が脱げやすい
  • 靴下に穴が開きやすい
  • 足裏が疲れやすい、痛くなる
  • ユニクロのソックスが気になる
  • 足の冷えが気になる
  • 五本指ソックスが気になる
スポンサーリンク

ユニクロのランニングソックスは結構コスパよし

まずはお手頃ユニクロをチェック!
薄手で3足組なので、気楽に試して3足履き回しもできます。

最初の一足として履いてみると、今後の基準になると思います。

▼関連記事▼
ランニング用靴下 ユニクロのショートソックスを履いて走った感想

21センチからの小さい足さん、グリップ付きならタビオ

21センチから取扱いがあるのは靴下専門店のタビオです。

5本指ソックスの商品が多いのですが、タビオレーシングランは、普通のラウンドタイプで唯一21〜23センチのサイズがあります。

小さい足さんは一度は試す価値ありですよ!

また足裏にしっかり滑り止めが付いているのも特徴。シューズの中で足が滑らないのは大切なことですが、好みは分かれると思います。

▼関連記事▼
タビオ ランニングソックス レビュー SSサイズノーマルタイプ

足裏アーチサポートとクッション性ならc3fit

足裏アーチのサポート力を期待するならc3fitがおすすめです。

サポートがしっかりしているので、最初は履くのに少し硬く感じるかもしれませんが、履くとサポート力がしっかりしていて安心感があります。

少し厚手なので、クッション性も薄手ソックスよりは期待できます。

足裏の痛みを防ぎたい人はこれくらいのサポート力を基準にソックスを選ぶといいと思いますよ。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
c3fitアーチサポートソックス ランニング向け特徴とサイズ感について

ウールのソックスは吸汗速乾で夏でも使えます

ウールがメイン素材のソックスも試しています。

私はトレイルランニング用に入手しましたが、通常の平地のランニング用には薄手のものが使えるはずです。

ウールのセーターのように毛玉ができるわけでもないので、足の汗が気になる人、足の冷えが気になる人は試してみるといいですよ。

アーチサポートもあります。

▼関連記事▼
ランニングソックスにウール素材 スマートウールのおすすめポイント

五本指ソックスのメリットとデメリット

五本指ソックスはランナーの中でも人気です。

でも私はどうもしっくりこないので理由を考えてみました。

最大の理由は足の指が短いからつま先が余ってズレるし擦れるしいいことない、だったのですが、それだけとは限らないことが分かりました。

足指1本づつを靴下の布地で包むことにより、足の横アーチが広がることがポイントです。

五本指ソックスの向き不向きは個人差があるなと知りました。

詳しくはこちら↓で説明しています。

▼関連記事▼
ランニング五本指ソックス デメリットを知った上での靴下選び方

これから試してみたいのは防水ソックス

雨の時にジョギングへ出かけること自体はシャワーランとしてそこまで嫌ではないのですが、気がかりなのはシューズの中の足がびしょ濡れになることです。

そこで、調べているうちに、足裏が濡れないような防水ソックスがあるらしいと知りました。

是非履いてみて本当に濡れないのか?むしろ足が蒸れてしまうのか?など試してみたいです。

購入して履いたら紹介しますね。

おわりに

ランニング用ソックスを色々と紹介してきました。

個性があっておもしろいと思います。

ゆるすぎるソックスはすぐに脱げるし、中途半端に擦れるとマメもできやすいので侮れないです。

ぜひ、普段履くランニングシューズと相性のよいソックスを見つけられますように。

    スポンサーリンク