タビオ ランニングソックス レビュー SSサイズノーマルタイプ

タビオノーマルソックスSSサイズのレビュー ランニング
スポンサーリンク

22.5cmの小足なので、ソックスのかかとが余ってたるむことがあり、なるべく小さいサイズのランニングソックスを探しています。

そんな中で21〜23cmのサイズ展開があるタビオのランニングソックスは貴重な存在と言えます。

しかも指が短いので、五本指ではなくラウンドタイプしか履けないです・・・。

こんな条件を満たすソックスを探しています
  • 足長22.5cmにあうサイズ
  • 親指の爪部分に穴が開きにくい
  • 甲高だが適度なアーチサポートがほしい
  • 指が短いので五本指は履けない

今回は、タビオのスポーツソックスの原点と言われるモデル「レーシングラン」のSSサイズを履いて走ってみた感想をお伝えします。

サイズ感フィット感がほどよいので、小さいサイズのランニングソックスを探している人にはおすすめです^^

スポンサーリンク

タビオレーシングランSSサイズのフィット感

タビオのランニングソックスの中でも21センチから23センチ用のSSサイズがあるモデルは限られています。

しかも「レーシングラン」はSSサイズの中で唯一、五本指でないベーシックなラウンドタイプです。

ソックス履き口裏にSSサイズの表記あり

この写真の上、右側(ちょっと分かりにくくてすみません)のように、ソックスの履き口の内側にサイズが織られていて、こちら「SS SIZE」とあります。

足入れしてみると、踵もつま先もほどよく収まりました。

キツくもなく緩くもなく、ちょうどいい感じ。

全体的に少し厚手なのもあり、ふわっと包まれている感覚です。

締め付けられるのは苦手だけど、大きくて脱げるソックスでは困るという人は試す価値があると思いますよ。

ちなみに同じレーシングランのSサイズ(23〜25cm)も履いたことがあるのですが、足入れした時点で長さが余ってだぶついてしまったため、シューズを履くまでには至らず断念した経験があります。

つま先の補強はそこそこか?

私の足の親指の爪が上を向いてしまっているので、爪の先がソックスに当たっていくうちにどうしても穴が開きやすくなります。

もちろん足のせいなのですが・・・それでも、できるだけ穴が開きにくいソックスがほしいのです。

今回のタビオレーシングランは、つま先と踵は細かめの縫い方になっていて、補強されています。

でも、履いた感じは丈夫そうと言うよりも、つま先側にぴったりとはくっつかなくて、ほどよい厚みで足指全体を包んでいる感じです。

まだ回数履いていないので何とも言えないのですが、厚みと、指先への付かず離れずの状態からして、穴は開きにくいのではないかと思います。

期待したいです・・・。

アーチサポートは履くとあまり気にならない

ソックスに足入れする時はアーチの部分が硬めなので「おっ」と思うのですが、履いてしまうとそこまでギュッとした感じはしないです。

苦しくないのでアーチサポートに慣れていない人にはおすすめです。

公式サイトのスタッフレビューによると、23cmの足の方でもアーチサポートしっかりめを求める場合はSSサイズを履くとのこと。

私のような22センチ台の足にとっては、穏やかなサポートがされているというところです。

アーチサポート重視でしたら、C3fitの方がしっかりしています。
足裏が疲れやすい人はこちらも試して比べてみてほしいです。

■C3fitのレビューはこちら

スポンサーリンク

タビオソックスの滑り止めの効果は?

これまで足裏に滑り止めが付いているソックスを積極的に履いてこなかったのは、足のサイズとソックスのサイズが合わずに、グリップがかえっておかしなところで効いてしまったことがあるからです。

今回は一度その記憶を忘れて、滑り止め付きのレーシングランを履いて試すことにしました。

予想外だったのは、シューズを履く時に、ソックスの足裏にある滑り止めが引っかかってシューズに足が入りにくくなること。

これはランニングシューズの紐をもっと緩めてシューズの履き口をガバッと広げてあげればいいことですね。

そして、走ってみた感じとしては、滑り止め効果はあまりよく分からなかったです(汗)。

これは回数を重ねてようやく分かるものなのかも知れません。

もしくはシューズをぴったりめに合わせているので、そもそも足がシューズの中でずれにくく、滑り止めの必要性を感じていないだけかも知れません(笑)。

もう少し回数履いて、検証したいと思います。

他に履いていて違和感はないか?→問題ないです

たとえば、ソックスの履き口がギュッとキツ目になっていて、履いているとアキレス腱のあたりが痛くなる、なんてこともソックスによってはありますが、今回のタビオのランニングソックスは問題ないです。

履き口のゴムだけなら、ユニクロのスポーツソックスの方がギュッとしている印象です。

足やかかとの形も人それぞれですが、タビオのレーシングランならあたりが柔らかいので、足首が擦れるといった余計な心配はいらないと思います

タビオランニングソックスのサイズと色

サイズは4種類、男女ともに履ける長さの展開が揃っています。

SSサイズ(21-23cm)
Sサイズ(23-25cm)
Mサイズ(25-27cm)
Lサイズ(27-29cm)

色は8色。デザインは無地でシンプルなので、ランニングしていない時でも普段から履けそうです。

タビオは店舗もあるので実物を見て購入しやすい

タビオは「靴下屋」という実店舗での取り扱いもあるため、ネットだけではなく実物をお店で見てから購入することもできます。

色と生地の厚さの具合は確かめられますね。

ただしSSサイズは取り扱いがないかもしれないので、その場合はネットでオーダーしてくださいね。

おわりに




ここまで、タビオのランニングソックスの中でも原点と言われるモデル「レーシングラン」のSSサイズを履いた感想をお伝えしてきました。

  • 足実寸22.5cmで余らずに履ける
  • つま先は補強されている
  • アーチサポートは優しめ
  • 滑り止めはシューズに足入れする時引っかかる
  • かかと周りのフィット感も問題なし
全体的に少し厚手の生地でふわっと包まれている感じの履きごこちでした。

支えが足りないというよりも、キツくないけどフィットしている、がしっくりくると思います。

ランニングソックスで8色から選べるのはおそらくタビオだけ。

ランニングシューズやウェアとコーディネイトしたら素敵ですね!
(今回はまず1足で無難な黒にしてしまいましたが)

小さい足さんに貴重なサイズのSS、試してみてくださいね。

▼他のランニングソックスも見てみる▼
ランニングソックスでランニングシューズをさらにフィットさせる!

    スポンサーリンク