ノースフェイスフリーランショーツはポケット9つ普段着にも!収納力最強ランニングパンツならコレ!

メッシュポケットへジェルを折り曲げて収納 ランニング
スポンサーリンク

ポケットが多くて、スマホもしっかり収納できるランニングパンツがあれば何枚あっても購入したくなっちゃうんですが・・・、ノースフェイスの新作を見つけてしまいました。

フリーランショーツFREE RUN SHORT
商品型番
レディース:NBW92191
メンズ:NB92191
2021年8月11日より販売開始

これまで欲しかった機能全部載せなのでビックリ!衝撃を受けています・・・!!

めちゃくちゃ欲しい!というわけで、調べてみました。

ジョギング・ランニングしなくても夏の普段着、アウトドアスタイルに。

気楽に普段のお気楽ジョギングも。

機能性からしたら、ガチで走るフルマラソン大会に、トレイルやウルトラでもめちゃ使えそう。

あらゆるシーンで確実に使えてしかもおしゃれなショートパンツはヘビロテどころではなさそうです。

スポンサーリンク

ノースフェイスフリーランショーツの特徴1:ポケット9つ

ポケットが多いランニングパンツを長年探しまくっている身としては、フリーランショーツは理想形だと言えます。

ノースフェイスの様々なショートパンツの良いとこどりなんです。

2021年8月13日、早速都内のノースフェイス店舗へ行ってみたのですが、まだ入荷されてなくて実物にはお目にかかれませんでした。⇨9月12日追記。試着してきました!分かったことを本文中にあちこち加筆しています。

ストレッチメッシュポケット

ウエスト周りにぐるっとあるメッシュ状の帯は、区切られていて、前に3つ、後ろに3つの合計6個のポケットになっています。

フライウェイトレーシングショーツ、スカートと同じ仕様です。この写真は、手持ちのスカートの拡大。
前ポケットへティッシュを収納

メッシュポケットのよいところは、数の多さと、スマホも入る大きさも備えているところです。

前後の中央が大きめでスマホが入る大きさ、脇にあるポケットは小さめなので、鍵やジェルなどが入ります。

そして、ウエストに近い場所で固定されるので、とにかく揺れない

中身がばたつかないので走りに集中できます。スマホを出し入れするなら前の中央ポケット、出し入れ頻度が低いなら後ろの中央に入れるとめちゃ便利ですよ。

前面左右の大きなサイドポケット

前に左右にポケットが配置されているランニングパンツは多いものの、飾りっぽかったりで実際に使える大きさのものは意外と少ないです。

そんな中で、フリーランショーツの前サイドポケットは、縫い目の様子から十分な大きさと深さがあることが分かります。

→試着で確認しました、フレキシブルショーツと同じくらいの大きさですが横幅は若干小さめです。中央側の下側のポケットの角の丸みがあるので、スマホ(iPhone6Sにプラスチックカバーがついた状態)を横向きに入れるとぎりぎり入るくらいです。

同じタイプということで、この写真は、手持ちのフレキシブルショーツのポケットを裏から見たところ。
ティッシュ横向きが余裕で入るポケット

ティッシュを横向きに入れても飛び出さない深さだと、何を入れても安心。普段着として着るなら、二つ折りや三つ折り財布も余裕で入ります。

キャンプや水場でも、ポケットからモノが落ちなければ、思いっきり遊べますね。

右後ろのファスナー付きポケット

トドメは、右の後ろにファスナー付きのポケットが付いていること。

バーサタイルショーツと同じポケットだと思われます。写真は手持ちのバーサタイルショーツのポケット入口とiPhone6Sの幅の比較。
ポケットの開口部とスマホの大きさはほぼ同じ

ここにも大型でなければスマホが収まります。
iPhone6S(7、8、SE2など)が横向きに入りますよ。

→試着で確認して最も驚いた点はココ!なんと、スマホが縦向きにも入ってファスナーが締められる大きいポケットでした!!

スマホは先程のメッシュポケットに入れた方がバランスも取れるし走りやすいのですが、メッシュポケットには弱点があります。

トイレなどの用事で下げた時に、ポケットの中身が落ちること。

そんな時、このファスナー付きヒップポケットに入れておけば、安心ですね

スポンサーリンク

ということで、春夏秋は1枚で履けるし、冬でもタイツに重ねれば、ランニング中のポケット問題は全て解決しちゃうこと間違いなしです。

ノースフェイスフリーランショーツの特徴2:普段使いできるデザイン

見た目は本気のランニングウェアっぽくはなく、普段着使いしやすい丈と素材感なのがいいです。

おそらく、バーサタイルショーツよりは長くて、フレキシブルショーツよりは短そう。

→試着時に確認したら、その通りでした。フレキシブルショーツよりも全体で5センチくらい短いです。

そして、裾幅は広めなので、足捌きは余裕そう。脚が少し細く見える効果も期待できちゃう?・・・とイメージが膨らみます。

→試着しました!(店内での撮影NGのため写真はないです)。履き感としては、やはり裾幅広めでいい感じです。

また試着で分かったことをもう一つ追加。メッシュポケットを除いた本体部分には、粗いメッシュの裏地がついています。なので、汗をかいても肌にくっつきにくそうですよ。雰囲気はこの写真のメッシュっぽかったです(破けているのは無視してください汗)。

メッシュ布地が破けてしまった

布地の素材にリサイクルナイロンを使っているのは、フリーランシリーズのこだわりポイントなのだそうです。

→試着で確認したところ、しっかりした布地で光沢がないので、本当に普段着っぽいです。

布地の厚さとしては、厚い>薄いの順番でこんな感じ。

ウエスト部分には調節できる紐が付いていて、これは内側で隠すか外側に出すか、どちらでも可能になっています。

→試着で確認したところ、紐を出す部分が布地の表と裏両方にあるので、好きな方から出せばいい仕様になっていることが分かりました。

ちなみに紐をしっかり引かなくても普段履きなら落ちてこないので楽に履けます。ランニングの時はポケットに入れた物の重みで下がってこないように、ある程度締めた方が快適ですよ。

紐は内側にしまった方が見た目はスッキリしますが、外側に出してしまった方が肌への負担は減らせそうなので、その時によって使い分けてもいいですね。

おわりに

ノースフェイスの2021年秋冬新作のフリーランショーツを紹介してきました。

真夏の普段着、アウトドアに。

春、夏、秋の3シーズンのジョギングランニングに。

冬でもタイツの上に重ね履きしたら使えます。裏地もあるので、重ね履きしても張り付くことなく快適。

合計9つのポケットを活かすなら、むしろタイツの上に重ね履きの価値もめちゃくちゃあると思います。

エコバッグを丸めたものの、カードも小銭も仕切ってポケットに入れられるので、ランニングや出かけた帰りに買い物もできますよ。

ということで、一年中ずーっと履ける頼もしいショートパンツ。メンズ、レディースでそれぞれS・M・L・XLがあり、サイズが選べるのも嬉しいです。

年中ヘビロテできるランニングパンツを1着をお探しでしたら、ぜひ履いてみてくださいね!

▼関連記事▼
ランニング中にスマホが入るポケット付きパンツの選び方とおすすめ7選

    スポンサーリンク