ランニング中にスマホが入るポケット付きパンツの選び方とおすすめ7選

ヒップポケットにスマホを入れてみた ランニング
スポンサーリンク

ジョギング・ランニングの時はなるべく身軽に越したことはないけれど、スマホや鍵は持ち運ぶことが多いと思います。

そんな時に、走りを妨げずに収納できるポケットがなるべく多くついたパンツがあるといいですよね!

今回はランニング用のショートパンツ、ロングパンツ、スカートで、収納ポケットが3つ以上あるものを紹介します。7つや8つのランニングパンツもありますよ。

また、普段の練習とマラソン大会本番、どちらに向いているかもお伝えしますね。

多くは私が実際に試しているものになりますが、ポケットの数だけでなく使いやすさにもかなりこだわっていますので、ウエストポーチやアームポーチをつけずに走りたい方はぜひご参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

ランニング中にスマホも入るポケットファスナー付きパンツ3選

ポケット3つ、うち1つはファスナー付きでスマホも入る収納力があるパンツ3種類です。

無印良品吸汗速乾縦横ストレッチパンツ

無印良品 吸汗速乾縦横ストレッチテーパードパンツ【レビュー】

ノースフェイスバーサタイルショーツの前面

ノースフェイスバーサタイルショーツのポケットと履き感【レビュー】

フレキシブルショーツの前面

ランニングショートパンツ 長め丈でタイツなしデビューしよう

走っていれば楽しいけれど、出かけるまでがおっくう。ならば、とにかく身軽にさっさとランニングへ出発したいですよね。

普段の私のジョギング・ランニング時の持ち物はこの写真です。あとは写真にはないですが、帰りにコンビニへ立ち寄る場合などのために、ビニール袋へ入れたマスクも持っています。

ポケットティッシュ、鍵ケース、カードケース、スマホ
  • ティッシュ
  • スマホ:iPhone6Sケース入り
  • ICカード(PASMO)

鍵は黄色のケース(ダイソーにあります)に入れて、カードは右のジッパー付き袋に入れています。

なお、ケース入りのiPhone6Sの大きさは、143mm×92mm×9mmです。

スマホが入るポケット1つだけ、というものもありますが、スマホは一つのポケット単独で収めたいと思っています。

他のものと一緒に入れておくと取り出す時に落としやすいからです。

なので、普段の練習用に履いているランニングパンツはポケットが3つあるボトムを選んでいます。

それぞれ、いかにもスポーツウェアという感じがあまりなくて、普段着にもなるデザインです。

ランニングの身支度はサクッとすませて、走りに出かけてみてくださいね。

ロングパンツでファスナー付きポケットも!無印良品テーパード

無印良品吸汗速乾縦横ストレッチパンツ

気温10〜15度くらい、ショートパンツで脚を出すのは少し寒いかな?と感じる時から、真夏の脚の日焼け防止目的でも、吸汗速乾でストレッチが効いた薄手のロングパンツはとても便利なアイテムです。

左右の深いポケットの使い勝手もばっちり、後ろのファスナーポケットには大きめのスマホも収納できますよ。

ポケットの詳しい様子と走った感想はこちらで書いています。

無印良品吸汗速乾縦横ストレッチパンツ

無印良品 吸汗速乾縦横ストレッチテーパードパンツ【レビュー】

水陸両用 毎年カラバリが増えるノースフェイスのショートパンツ

ノースフェイスバーサタイルショーツの前面

旅のお供や真夏の普段着にもできそうなのが、ノースフェイスのバーサタイルショーツです。

布地には撥水加工が施され、軽いシワ加工もあるでペラペラしていないのもいいところ。

左右のポケットも余裕があり、さらに右側のヒップポケットがファスナー付きなので、スマホを入れてもよし。走っていてジャラジャラしないように小銭入れを携帯してもいいですね。

毎年、柄なしで5色程度、時期になると限定の柄物も登場するので、何枚でも欲しくなってしまいます。

ポケットの詳しい様子と走った感想はこちらで書いています。

ノースフェイスバーサタイルショーツの前面

ノースフェイスバーサタイルショーツのポケットと履き感【レビュー】

タイツなしデビューならノースのフレキシブルショーツ

フレキシブルショーツの前面

同じノースフェイスでももう少し長いパンツです。

股下20センチ程度あるので、これまでタイツの上から重ねばきしていた人でも抵抗なく1枚で履けると思います。

いきなり脚を出すのは少し恥ずかしい、、、でも暑過ぎて重ねばきはもう無理!と思ったら試してみてくださいね。

ポケットの詳しい様子と走った感想はこちらで書いています。スマホの揺れなさでは、ここまで取り上げた3点のうちナンバーワンだと思います。

手持ちがたまたま派手色しかも色褪せていて美しくない(すみません)のですが、2021年5月現在はモノトーン定番色の取扱がメインなので、ご安心くださいね。

フレキシブルショーツの前面

ランニングショートパンツ 長め丈でタイツなしデビューしよう

マラソン大会向けスマホが入るポケット付きパンツ4選

次に、普段の気軽なジョギング・ランニングよりも気合いが入るマラソン大会で履きたいボトムスを紹介します。

ノースフェイスランニングスカート前面

ランニングスカート ポケットが多くて便利なのはノースフェイス

パンダーニのランパンダ5ポケット

カワイイ!おすすめランニングウェア|パンダーニ着用レポ

もちろん大会に限らずいつ履いてもOKですが、よりポケットの数が多くて収納力が高いという意味でマラソン大会向けとしてみました。

フルマラソンともなると、ジェルなど練習時よりも持ち物が増えますものね。

ちなみに私が収納している持ち物は:

  • ジェル2つ
  • ティッシュ
  • スマホ

ケース入りのiPhone6Sの大きさは、143mm×92mm×9mmです。

ティッシュ、ジェル2つ、スマホ

フルマラソンでジェル2つは少ない方かもしれません。途中でジェル以外のサプリメントを摂るランナーも多いので、なおさら細かいポケットは必要なんだろうなと感じています。

この記事を書いている2021年5月現在、バーチャル大会が圧倒的に多い世の中ですが、「大会」は特別な場なのでテンション上がりますよね♪

スポンサーリンク

少し目立つデザインでテンション上げて走るのにもおすすめのショートパンツとスカートを紹介しますね。

ノースフェイスレーシングショーツ・スカート

まず腰回りにぐるっと配置されたメッシュ状のポケットが特徴のパンツです。

ポケットはこんな感じ。(手持ちの同シリーズのスカートです)

メッシュポケットは腰回りにあります

拡大してみるとこんな感じです。ティッシュ入れています。

前ポケットへティッシュを収納

このメッシュに伸縮性があって、この中に入れたモノはピタッと腰回りに収まる仕様。揺れないです。しかも出し入れもスムーズ

メッシュが前後で3つづつに仕切られていて、ポケットが合計6個あります。

さらに、左右にサイドポケットが付いていて、パンツ全体でポケットは8個です。

メッシュポケットのうち大きい箇所は前後の中央にありますが、ここならスマホが収まります。

大会用ジェルやサプリも1箇所に1つづつ入れられるポケットの多さがありがたいですね。

今はマラソン大会でなくとも、練習中でもマスクや除菌グッズなど、以前よりも携帯するものが増えているので、大会用と限定しなくても普段からどんどん使いたいなと思いました。

同じ仕様のメッシュポケットが配置されているノースフェイスのスカートを愛用しているので、ポケットの詳細などこちらから確認されてみてくださいね。

ノースフェイスランニングスカート前面

ランニングスカート ポケットが多くて便利なのはノースフェイス

パンダーニのランニングライン:ランパンダジョギングパンツ

カラフル、ちょい派手目で目立てるランニングパンツと言えば、パンダーニのランパンダです。

パンダーニのランパンダ後面

もともとはサイクリング用のウェアから始まったパンダーニというメーカーから出されているので、デザインだけではなく機能性重視のショートパンツになっています。

ポケットは5つと7つがあったのですが、現在では7つバージョンのみです。

5つ時代から愛用しているので感想をこちらで書いています。

パンダーニのランパンダ5ポケット

カワイイ!おすすめランニングウェア|パンダーニ着用レポ

7つポケットの感想はここからチェックしてみてくださいね。
7つになったことで、ジェルが落ちない工夫がされたポケット、めちゃ便利ですよ!

ランパンダジョギングパンツ7ポケット前面

パンダーニのランパンダ7ポケットレビュー!サイズ感・店舗について

メッシュ、サイド、ファスナー全部揃ったミズノのランパン

ここまでポケットの数と種類にこだわってお伝えしてきましたが、

  • 腰回りのメッシュポケット
  • ファスナー付きポケット
  • サイドポケット

この全てを搭載してしまったすごいパンツが、ミズノの「ランニングマルチポケットパンツプラス(ユニセックス)」です。

マルチポケットパンツ自体は以前からAmazonや楽天でも人気の商品ですが、2021年の最新作でファスナーポケットが追加されたのです。

これは気になります・・・!

ファスナー付きポケットは、メッシュポケットの内側に配置されていて、クレジットカードが入るサイズです。

後ろ側のメッシュポケットにはなんと、500mm程度のペットボトルが横向きに収納できてしまいます。

もうランニング中に持てないものはない!という感じですね。

メッシュポケットとサイドポケットがあるという点では、先ほどのノースフェイスと同様ですが、ミズノの方がお値段は手頃なので、さらに人気というのもありますね。

ランニングパンツのポケット困りごとは先に対応しておこう

ランニング中にモノを持ち運べるポケットが多いパンツ類はとっても重宝するのですが、ちょっとしたトラブルが発生することも。

  • ポケットの一部分と体が擦れる
  • トイレでメッシュポケットから物が落ちるかも
  • ポケットが多くてどこに何を入れたか分からなくなる

 

それぞれの対策方法をお伝えしますね。

ポケットが擦れるならテーピングを貼っておく

ファスナー付きポケットにスマホを入れて長時間走っている時に、まれに一部分が擦れてキズになることがあります。

この場合は、あらかじめ擦れそうな場所にテーピングを貼って保護しておきましょう。ちょっとしたクッションになります。

テーピングは伸び縮みするキネシオテープを使います。

100円ショップでも売っているので、マラソン大会前日でも少量購入できて便利ですよ。

ただし、手ではちぎれないので、自宅でない場合は、カットするためにハサミを借りてくださいね。

テーピングでかぶれる場合などは、代わりにワセリンを塗っておくのもいいと思いますよ。

メッシュポケットの中身は、トイレ等で着替える時に落ちるかも

腰回りにピタッとするメッシュポケットの唯一とも言える弱点が、脱ぐ時にポケットからモノが落ちてしまう可能性があることです。

マラソン大会の途中など、やむなくトイレへ駆け込む時は要注意です。

特に後ろ側のポケットの中身は見逃しがちですね。

取り急ぎサイドポケットかファスナーポケットへ中身を非難させてくださいね。

大会で履く前に練習でリハーサルしておく

ポケットが多いパンツのどこに何を入れるかは、マラソン大会で使う前にあらかじめテストしておく方がいいです。

実際に走って取り出せるか、やってみてくださいね。ファスナーの取っ手が右側か左側かを把握しておくのも大事です。私もこれを間違えて本番で別のポケットを開けてしまって焦りました・・・。

リハーサルしておくことで、マラソン大会本番でも落ち着いてジェルやサプリを取り出すことができるようになりますよ。

おわりに

ランニング中にポーチ類を使わずにスマホや小銭入れ、鍵、ジェルなどを運ぶことができるランニングパンツ(スカート)を紹介してきました。

ジョギング・ランニングは道具なしでできることも大きなメリット。

ポケットが多いボトムスを取り入れて、出かける準備をもっと楽にしちゃいましょう!

    スポンサーリンク