ランニングの日焼け対策で長袖は暑い?夏だとおかしい?

長袖Tシャツ ランニング

ランニングを続けたいけれど、日焼けが気になる季節ですよね。
夜ではなくて朝や昼間に走りたい方にとっては、対策が必要なところだと思います。

腕や脚まで日焼け止めを塗るのは面倒、もしくは肌が敏感なので使いたくない。

そんな時、長袖長ズボンという方法が考えられます。

今回は、長袖長ズボンでランニングをする場合の、暑さ対策と、おかしいと思われない方法についてお伝えしますね。

スポンサーリンク
  

ランニングの日焼け対策に長袖長ズボンはあり?

結論から言いますと、大ありです。

日焼けしたくない腕や足をすっぽり、物理的に覆って日差しから守ることができます。

日焼け止めを塗る場合と比べてみましょう。

長袖長ズボンは、着るのも脱ぐのもあっという間ですよね。
一方、日焼け止めは、塗る手間と落とす手間がかかります。
また、汗で落ちるリスクもあります。

肌が敏感な方にとっては、日焼け止めを落とすクレンジングも肌が荒れる原因になるかも。

手間ひまかからずお肌に優しい長袖長ズボン。

せっかくランニングに出かけようと思った時に、準備に手間取るとモチベーションが落ちてしまいますよね。
がんばって走ってきた後は、ゆっくり休みたいですよね。

長袖長ズボンのコーディネイトは、日焼けは避けたいけれどランニングを続けたい、をサポートする強い味方です。

ランニングの時に長袖だと暑い?

暑さを避けるための長袖選びには、いくつかポイントがあります。

まず、どんな素材を使っているかチェックしましょう。
吸水速乾の機能は必須です。
ポリエステルをはじめとした化繊の布地になります。

素材の世界も年々進化しています。
化繊だと肌触りがゴワゴワしているでは?と心配な方もいらっしゃるかもしれませんね。
今はさまざまな素材や織り方の素材があるので、お店で試着してみることをおすすめします。

なお、コットンは水分の吸収はするものの、乾くのに時間がかかるため、ランニングウェアとしては適さないです。
汗を吸ったままだと、重たいですし、体に張り付いてしまいます。
こちらも将来的には技術の進化で、吸水速乾機能に優れたコットンがいつかできるといいのですが・・・

もうひとつ機能としてあるとよいのは、UVカット加工です。
長袖で物理的に日差しをある程度遮断することはできますが、UVカット加工がしてあればさらに安心ですね。

また、同じ長袖シャツでも、色で暑さ対策ができます。
薄い色の方が日光を吸収しにくいので涼しく感じられます。
吸水速乾とUVカットの効果が同じ長袖シャツが色違いであったら、薄い色の方がいいですね。

スポンサーリンク

なお、長袖には長ズボンを合わせると思いますが、こちらの素材も同じ条件ならベストです。
一般的なジャージよりも、薄手の生地のものを選びましょう。

では、長袖長ズボンはどのブランドから選べばいいでしょうか?

スポーツメーカーのものならほぼ大丈夫です。
いかにもスポーティーなのは苦手、とか、スポーツショップへ行きたくない場合は、ユニクロ無印良品をチェックしてみましょう。

夏に長袖はおかしい?見た目はこう解決しよう!

ランニングをする時に長袖シャツを着たいけれど、夏に長袖を着ていたらおかしい?と気にされる方も多いですね。

そうです、同じ悩みを持っている方が増えているのです。
ということは、みなさん、仲間ですね^^

以前よりも、日焼けや紫外線を防ごうとする意識が高まっている世の中。

夏に長袖Tシャツでランニングをしていても全くおかしくないです。
ラン歴10年の私も、夏でも長袖Tシャツを愛用しています。

人の見る目なんて気にしなければいいのです。

気にしたところで、他人は日焼けから守ってくれるわけではないですからね。
と言ってしまうと、身も蓋もないので笑

せっかくなので、長袖長ズボンのおしゃれなコーディネイトを考えてみましょう。

手っ取り早いのは、ひとつのブランドで上下揃えることです。
統一感が出ますね!

逆に、あえて別のメーカーのものを組み合わせるのもいいですね。
他の人と被らないというメリットがあります。

この場合は、シルエットにこだわりましょう。

長袖シャツのシルエットのポイントは、身頃の裾部分。
脇に切り込みが入っているものや、裾が直線ではなくU字になっているものもありますよ。

長ズボンは、幅が広いものから細いものまで、色々あります。
また、最近は裾を絞ったデザインも人気ですね。
吸水速乾効果があるものでしたら、ランニング専用でなくても問題ありませんので、ヨガウェアや室内トレーニングウェアから探すのも手です。

長袖長ズボンの色の組み合わせですが、ある程度違う系統の色を合わせた方が、パジャマっぽくないですよ。
脚よりも上半身の方が暑さは感じやすいですので、たとえば長袖シャツを薄めの色で、長ズボンをグレーやネイビー系にするのが簡単です。

まとめ

ランニングをする時の日焼け対策として、長袖長ズボンを着るのはとても手軽な手段です。

暑さを軽減するために素材には気をつけて、あとは上下で組み合わせを楽しまれてくださいね。

    スポンサーリンク