全日本大学駅伝スタート地点に行ってみた!地図と写真でアクセス紹介

神宮西駅(熱田神宮西駅)2番出口看板 ランニングコース・スポット

◎本ページはプロモーションが含まれています

全日本大学駅伝のスタート地点に行ってきましたので、地図、アクセス、現地の様子をお伝えします。

これだろうと思われる青いラインの印も見つけました!

全日本大学駅伝とは

  • 熱田神宮〜伊勢神宮を結ぶコース
  • 毎年11月第1日曜日頃に開催
  • 関東の学生にとっては学生三代駅伝のうちの1つ

ではスタート地点についてです。

全日本大学駅伝スタート地点は熱田神宮のどこ?

大会の公式サイトでの1区とスタート地点の案内はこちら▼
https://daigaku-ekiden.com/about/#page-coursemap

そして、Googleマップに記されている全日本大学駅伝のスタート地点です。

■住所:〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1

Googleマップにこれだけはっきり書いてあるということは、現地でもきっと印があるはずですよね。

実際に、スタート地点でに行って見つけたのはこの場所(下の赤い印)です。

少しずれていますが、ほぼココということで。

熱田神宮の西門を背中にして左側すぐです。

では次はアクセスです。

全日本大学駅伝スタート地点へのアクセス

神宮西駅(熱田神宮西駅)2番出口看板

最寄駅は、地下鉄名城線の神宮西駅です。

2023年1月5日始発より改名されることが決まっていて、新しい駅名は「熱田神宮西駅」になります。

神宮西駅(熱田神宮西駅)の2番出口を出ます。

2番出口を出たところ。右手にエレベーターもあります。

神宮西駅(熱田神宮西駅)2番出口を出たところ

このまま進行方向真っ直ぐ歩いて3〜4分で現地に到着します。

めちゃくちゃ簡単。迷う余地なしです。

歩道は広いですし、午前中でしたら熱田神宮の森の木陰もあるので日差しも多少遮られて、快適に歩けますよ。

全日本大学駅伝スタート地点の探し方

前方に白鳥歩道橋

まず、最初の地図で紹介したGoogleマップ的なスタート地点は、白鳥歩道橋のあたりです。

神宮西駅から歩いて行って前方に見える1つ目の歩道橋なのですぐに分かります。

そして、今回見つけてきた青いラインがある場所(2つ目の地図の起点)は、この道をもう少し進んだところにあります。

左手に神宮西門があったら、その次の縁石が目印。

熱田神宮西門を背にして左側の縁石

丸印のあたりに立って先を覗き込むと、ありました!

全日本大学駅伝スタート地点の青いライン

写真よりも現地で見た方がよりクッキリしていましたよ。

注意!ここは車の通行量がとても多いので、くれぐれも車道へはみださないようにしてくださいね。本当に危険です。

 

少し引いてみると、こんな距離感です。

全日本大学駅伝スタート地点の青いラインがある目安は応急給水施設の看板

青い看板「応急給水施設」が目印になりますね。

左側の歩道からは青いラインは見えないのですが、車道との位置関係はこんな感じです。

スタート地点と歩道の位置関係

ちなみに、なんでこの青いラインが全日本大学駅伝用の印だと言えるかは、過去に他の区間でも確認済みだからです。

【写真あり】同じ青いラインが引いてある中継所にも行ってきました▼
全日本大学駅伝の第7中継所はどこ?アクセス便利で応援にもおすすめ

全日本大学駅伝の大会当日に現地応援するなら?

この記事を書いている2022年8月現在は、コロナ禍の影響を鑑みて、大会当日にスタート地点や沿道にも応援へ向かうことはできない可能性が高いとみています。

でもせっかくなので、将来的にまた沿道での応援が可能になった場合のことを考えてみました。

このスタート地点には大学関係者や大会関係者、報道陣などが多くて規制がかかるのではないかと思います。

先ほどの歩道橋の上も通行禁止じゃないかなと。

となると、スタート地点の反対側の歩道なら応援可能かもしれません

大会を走るランナーは基本道路の左側を走るので、向かって右側の歩道から見る選手は少し遠く感じますが、生観戦の醍醐味は一瞬でも味わえると思いますよ。

まとめ

全日本大学駅伝のスタート地点の場所とアクセスについてお伝えしてきました。

地下鉄名城線の神宮西駅(熱田神宮西駅)の2番出口から徒歩3〜4分。270mほどなので、熱田神宮へ行ったついでにでも立ち寄ることができますよ。

青いラインを確認する際はくれぐれも車道に出ないように、気をつけてくださいね。

▼全日本大学駅伝の中継所とコースの紹介、こちらもおすすめ▼

スポンサーリンク