味の素餃子しょうが味のカロリーと値段、焼き方と味は?タレ不要の生姜味がおつまみにおすすめ

味の素生姜好きのためのギョーザパッケージ 食べ物
スポンサーリンク

東京2020オリンピックパラリンピックの選手村で話題になった、味の素の冷凍餃子。

スタンダードな味だけでなく、しょうが味もあるんですね。

両方食べてみたのですが、生姜好きとしては「生姜好きのためのギョーザ」のガツンとしたしょうが味がたまらないです。

今回は、味の素の冷凍餃子しょうが味を紹介します。

  • カロリー
  • 値段
  • 焼き方

おつまみの一品に、冷凍庫に常備しておけば安心です。

スポンサーリンク

味の素餃子しょうが味のカロリー

味の素生姜好きのためのギョーザパッケージ

味の素の冷凍餃子しょうが味は、2018年に新定番として発売され、これまでにも何度かパッケージや中身を変えて販売されています。

この記事を書いている2021年9月現在のパッケージは上の写真。

名前は「新 生姜好きのためのギョーザ」

カロリーは、1個23グラムあたり40キロカロリーです
味の素しょうがギョーザのカロリー表示

ちなみに、しょうが味でないスタンダードな味の素餃子(ギョーザ)も全く同じで、1個23キログラムあたり40キロカロリーです。

味によっての違いはないようです。

味の素餃子しょうが味の値段

味の素餃子しょうが味の値段は、お店によってまちまちです。

直近は地元のスーパーは西友で購入しましたが、1パック税抜き175円でした。税込で189円。結構安く買えたと思います。

通常は税抜き200円あたりかなと思います。

1パックは12個入り。1個23グラム、12個で276グラムです。

おつまみとして食べるなら2人で6個ずつ。一人当たり約100円になります。

スポンサーリンク

味の素餃子しょうが味の焼き方は失敗しないようにできている

味の素しょうがギョーザのパッケージ裏面

では、味の素餃子しょうが味を焼いた時の様子を紹介しますね。

パッケージ裏面に焼き方が書いてあるのですが、細かいコツを押さえてあるので、すごく親切だなと思いましたよ。

用意するもの

まず、フライパンと蓋を用意しておきます。
油と水は不要です。

ただし、焦げ付くフライパンの場合は油を少し引いた方がいい、と指示があります。

餃子は凍ったまま使うので、焼く時に冷凍庫から出します。

袋から開けると12個の餃子が4個ずつのパックになって入っています。
味の素餃子しょうが味の中身

餃子の外側がずんぐりむっくりしているのは、羽付き餃子になるために計算されている皮の部分です。

ちなみにこのパックは4個ずつに切ることができます。3個重ねて省スペースプラごみになります。
味の素餃子のパックを重ねたところ

5分蒸し焼きにする

味の素餃子しょうが味を冷凍のままフライパンに並べます。
味の素餃子をフライパンに並べたところ

綺麗に一直線に並べるよりも、火の通りを均等にしたいので、フライパンの中央に集めるようにしています。

蓋をしてから火をつけます。
フライパンに蓋をする

蓋がまた変な形のものですが、一応閉まるので大丈夫でした。

中火で5分蒸し焼きするように指示があります。

中火の説明まで書いてあって、炎の先がフライパンの底に届く程度だそうです。IH調理の目安も書いてあります。
パッケージの説明書き前半

で、我が家ではこれくらいにしてみました。
味の素餃子を焼く時の火加減中火

イメージしていた中火よりも弱い感じです。指示書きよりは若干強めかもしれません。

仕上げの焼きは羽に色がつくまで

パッケージ説明書き後半

5分蒸し焼きにしたら、フライパンの蓋を取ります。
5分蒸し焼きにした味の素餃子

いい感じに羽根になる部分がグツグツ言っています。

そして、場所によって火加減にばらつきがあるため、色が違います。

焼き目がつきそうなところと、まだな場所があるので、フライパンの位置を少しずらして対応しました

火加減は少しだけ強くしました。

パッケージの説明には、じっくり水気を飛ばすようにとあるので、本来は火加減はそのままでいいんだと思いますが、少し焦がしたかったんですね。

もう少しです。
味の素餃子の羽根が焼きかけてきた

好みによりますが、これくらいまで焼きました。
味の素餃子しょうが味の焼き上がり

フライパンを回すと、羽根ごと12個全部の餃子がくっついた状態で動きました。張り付かないんです。

ここまで、蓋を開けてから8分くらいです。

あまり焦がさない方がよければ、火加減そのままで同じくらいの時間でしょうか。

ちなみに、餃子を取り出した後のフライパンはこんな感じ。
味の素餃子しょうが味を焼いた後のフライパン

油分や水分が結構に落ちていますね。

味の素餃子の焼き方動画

公式でご丁寧に焼き方動画も見つけました!

火加減は動画がやっぱり分かりやすいですね。

ここまで綺麗に羽根ができるかは、フライパンとお皿、並べ方次第だと思います。

味の素餃子しょうがはタレ不要のがっつり生姜が効いた味

味の素餃子しょうが味をお皿に盛り付け

できあがりです。

ちょっと黒いですが、焦げ目をつけたかったので狙い通りです。

綺麗に並べることはできませんでしたが、餃子の羽根は付いています。

結構薄い羽根なので、すぐに折れてしまいます。

フライパンから移す時に散らかるのでお気をつけて。

中身は、こんな感じ。
味の素餃子しょうが味を焼いて半分にした様子

結構お肉が詰まっています。

そして、食べると生姜の香りと味が文字通りガツンと来ます!

たまらんー。ビールが進みます。

そんじょそこらのしょうが風味とは訳が違う。

さすが「生姜好き」と謳っているだけのことはあります。

ただし、辛くはないので、好みが合えば大人も子どもも食べられる味です。

ジューシーで一口でも食べられるし、二口でもいい感じ。

にんにく不使用とありますが、「餃子にはにんにく」なんて概念は吹っ飛びますね。

生姜のしっかりめの味付けのため、タレはいらないと思います

しいて何か使うなら、さっぱりめがよさそう。

塩っけは十分なので、たとえば黒酢を少しかな。

おわりに

味の素の冷凍餃子のしょうが味についてお伝えしてきました。

失敗なく焼けて生姜風味がガッツリでおつまみにぴったりの一品。

味の素の定番の餃子も食べたことがありますが、この際半分ずつのパッケージがあってもいいかもしれませんね。

どちらか選ぶならば、個性豊かなしょうがギョーザが推しです。

生姜好きならぜひぜひお試しくださいね!

▼ビールに合うおつまみなら▼
サラダチキンレシピ!塩麹とコンソメでの作り方 ジップロック使用で手が汚れず超簡単

    スポンサーリンク