RunKeeper日本語設定の方法!日本語音声にしたついでにキロ表示も

RunKeeperの日本語・日本語音声・キロメートルの設定方法 ランニング
スポンサーリンク

ランニング・ジョギング、ウォーキング、自転車などさまさまなアクティビティの計測に使える無料アプリRunKeeperですが、最初は英語表記になっていることも。

今回は、RunKeeperの表示を日本語にする方法を紹介します。

また、アプリの表示が日本語になっても音声が英語、ということもあるので、日本語音声にする方法、さらに、距離の単位がマイルになっている場合のキロメートルへの変更方法も併せてお伝えしますね。

全部で30秒もあればできますので、サクッと変更して使いやすくしてくださいね。

スポンサーリンク

RunKeeperの文字を日本語にする方法

ランキーパーのアプリを立ち上げたら、左下にあるスマイルマーク(Me)をタップ。その後、右上にある歯車マークをタップします。

RunKeeper英語のトップ画面

 

次にProfile Settingsをタップ

RunKeeper設定画面英語

 

上から4つ目「Language」をタップします。

RunKeeper言語設定画面

 

 

日本語」を選びます。

RunKeeper日本語を選択

 

そして、この画面が出たら「OK」をタップして完了です。

 

日本語に切り替える確認画面

 

RunKeeperの音声を日本語にする方法

ランキーパーの画面の言語が無事に日本語になったところで、場合によっては音声はまだ英語のままかもしれないです。

こちらも設定を変えて、日本語音声にしましょう。

 

まず、アプリの最初の画面の下、真ん中のスタートをタップ。

RunKeeperのスタートボタン

 

 

続けて、地図表示の下にあるこの部分、音声ガイドをタップします。

RunKeeper音声ガイドボタン

 

音声ガイドの画面が出てきたら、まず、「有効にする」のスイッチを入れます。これで「音声」の変更ができるようになるので、「音声」をタップします。

スポンサーリンク
RunKeeper音声ガイドを有効にする

 

そうしたら、Kat(デフォルト)を選びます。

RunKeeper日本語音声のデフォルトはKAT

これで音声も日本語になりました

RunKeeperの距離をキロ表示にする方法

RunKeeperアプリの文字と音声が日本語になってひと安心。

ですが、ここまで行う人なら気になると思われるのが、距離表示の単位です。

マイルって何?って感じですよね・・・。

せっかくなので、マイルからキロメートル(km)に変更しておきましょう。

 

まず、左下「ユーザー」をタップしてから、右上の歯車マークをタップ。

RunKeeper日本語のユーザー画面

 

設定画面の上から3つ目「アクティビティ設定」をタップします。

RunKeeper日本語版の設定画面

 

アクティビティ設定の下の方にある表示の「距離」をタップ。

距離を選択

 

ここで、「キロメートル」を選択すれば、完了です。

キロメートルを選択する

おつかれさまでした!

おわりに

RunKeeperの日本語設定の方法、日本語音声にする方法、距離の単位をマイルからキロメートルへ変更する方法をお伝えしてきました。

ざっと手順のおさらいを書いておきますね。

  1. 日本語表示:Me→右上の歯車→Profile Settings→Language→日本語→OK
  2. 日本語音声:スタート→音声ガイド→「有効にする」をしてから「言語」→Kat(デフォルト)
  3. 距離をキロ表示にする:ユーザー→右上の歯車→アクティビティ設定→距離→キロメートル

いつもの日本語とキロ単位なら安心してアプリが使えるので、気軽に使ってみてくださいね。

アプリを使ってランニングの記録を取っていくと、自分の成長が見られて達成感が得られますよ!

■関連記事:RunkeeperとAdidasアプリ、両方同時に動かしてみたらちゃんと記録が取れました

    スポンサーリンク